乾燥した咳、のどのイガイガはお肌にも影響します!秋の不調はこうやて乗り越えましょう!

あんなに暑かった夏が過ぎ、
ここのところ、ひんやり涼しい風がふいていますね。

草むらから、リーンリーンと
鈴虫の声が聞こえると、
心がシーンと静まる感じがします。

さて、そんな秋を感じる今日この頃ですが、
先日、サロンのお客様が立て続けに
朝方に「コホンコホン」と乾いた咳が出ます。
とおっしゃっていました。

秋の養生を始める時期ですね。
今回は秋の不調を未然に防ぐための工夫をお伝えします。

乾燥の季節 ” 秋の不調 ”こうやって防ぎましょう!

秋は夏に生い茂った植物たちが実を結び、
過ごしやすいさわやかな気候となります。

夏に高ぶりがちだった体や気持ちが
落ち着いてくる季節。

「心静かに過ごす」
そして
「冬に備える」

この2つが大事なキーワードです。

乾燥の秋に弱りやすいのが「肺(はい)」

秋は空気が乾燥し、植物たちは枯れていきます。
人間の体も同様に乾いていきます。

秋に活発に働き、乾燥による影響を受けるのが
東洋医学の指す五臓(ごぞう)の中の「肺(はい)」です。

乾燥した空気は、
鼻や口から肺に入り込み
鼻が渇いたり喉がいたくなったり、咳が出たり。

いわゆる「呼吸器系」にトラブルが起こり始めます。

ここ最近の
「コホンコホン」
「のどのイガイガ」
は、肺のうるおいがなくなったせいなのですね。

「肺(はい)」の役割とは

東洋医学では、肺は、のどから鼻を通り
気管、気管支、肺胞までを指します。

また、皮膚もわずかですが皮膚呼吸をしているので
肺の仲間という見方をします。

西洋医学の肺より、ずいぶん広い範囲ですね。

肺の働きは、新鮮な空気を吸って
汚れた気を体の外に出すこと。

肺が弱まると、せき・たんや
呼吸の異常などの症状が出てきます。

また、水分代謝にも関わるので、
水を汗にして出したり、
不要な水分を腎臓へ送ったりする働きもあります。

また、肺は大腸と主従関係にある臓器です。
肺の不調は大腸ともつながりますから、
便秘になりやすいです。

秋は、便も乾燥して硬くなりやすいとも言えます。
そして、お肌もカサカサと乾燥して小じわへとつながっていきます。

肺を弱らせないためには
潤いを守り補うことが大切です。

肺を潤わせるには「白い物」を食べましょう!

先述したように、
肺の潤いを守り補う事が秋の養生では大切な事です。

潤わせるキーワードは「白」!
白い食べ物といえば…
白ごま、だいこん、れんこん、はちみつ、豆腐
豆乳やヨーグルト、山芋など。
そして、私の一押しは白きくらげです!

白きくらげは不良長寿の薬ともよばれ、
美肌効果バツグンの食材。

味に癖がないので、スープや炒め物、スイーツとしても
召し上がっていただけます♪

また、秋の果物も水分をたっぷり含み
酸味や甘味のある季節の果物は乾燥対策になります。
梨、ブドウ、ザクロ、柿など。

ただし、梨と柿は体を冷やすので食べすぎ注意です。

秋に旬を迎える、サンマ、鮭、鯖は
夏の疲れをとりスタミナをつけてくれます。

そして、さつま芋、里芋、栗などは
腸の働きをよくして便秘対策にも良い食材です。

秋といえばきのこ。
きのこもたくさん食べると免疫力Upにつながります。

秋は旬のものをしっかりいただく事で
冬の備えとなり抵抗力をつけていきます。

いずれも良く噛んで召し上がってくださいね。

そして「辛い」食べ物はそこそこに。
辛みは肺を助ける面もありますが、
摂りすぎると、体の水分を発散してしまいます。
少量だけいただくようにしましょう!

秋の「小じわだるみ」に要注意!

秋から冬は、肌表面から水分が奪われ
カラカラの状態になりやすいです。

乾燥小じわは、自分で気づかないうちにやってきます。

目元や頬の小じわって思いっきり笑った時に出る事が多いですよね?

自分の顔を鏡でのぞく時は、
思いっきり笑っている事って少ないので
小じわに気づきにくく、そのまま放置されやすいのです。

潤いのための「白い食べ物」にプラスして
お肌の保湿をしっかり意識しましょう!

化粧水と美容液やクリームでケアすることが基本ですが、
肌表面に古い角質や、酸化した皮脂が残ったままだと、
なかなか水分や美容成分が入り込まないだけでなく、
新しい細胞が生まれ変わる
肌サイクルが遅くなり、老化につながりかねません。

そこで活用したいのが
「引き算美容」のクレイです。

クレイは肌表面の不要なものを
どんどんお掃除して取り除きます。

そして注目したいのは、
お肌表面だけでなく、肌奥から不要なものを引っ張ってくる力。

これによって老廃物がスムーズに流れるのを助け、
「むくみのない小顔」になれるのです。

さらに!さらに!
血流を改善してくれるので
お肌のトーンは健康的な透明肌へ。

クレイは自然の力を使った
優しい美容法。

サロンでもクレイフェイシャルを
体験した方は、この威力に驚かれます。

このクレイでしっかり
肌の基礎を整える事で、
その後の美容成分をしっかりキャッチできるという訳です。

この効果を確かめてみたい!
という方は、ぜひレ・クレイヤージュで
体験してみてくださいね!

無料のメールレッスンを申し込まれた方には…

自分の”たるみ”のタイプを知って、
体の内側から、ピーンとハリのある
つや肌に変身しませんか?

たるみあげにご興味のある方に、
無料のメールレッスンのご案内です。

【タイプ別!たるみ解消メールレッスン
【 8日間集中つや肌革命 】

こちらにご登録いただくと、
特別な特典がついてきます!

ぜひ、ご登録してみてくださいね。
(もちろん、いつでもご解約できます)

Follow me!

園田 恭子

大分県出身、横浜在住。夫と子供の4人家族です。
栄養士の学校卒業後、東洋医学や日本伝承の自然療法、マクロビオティックを学び、その知識をもとに健康食品会社で5000人以上をカウンセリング。
その中で人のカラダは栄養も大切だけれども自然との調和によって高い次元の健康につながり、そして美しさもその土台の上になりたつ事を実感しました。
さまざまな自然療法を実体験し、その中でも一番活躍しているのが「クレイ」です。クレイ美容はお肌を明るくトーンアップするだけでなく、むくみやしわ・シミにとても効果が高い美容法です。サロンでは、そんなクレイの魅力と東洋医学の知恵を掛け合わせて体の内側から、外側からのケアでキレイを加速させる根本的解決をご提案しています。