ほうれい線・たるみ対策!美容に効果の高いツボをご紹介♪

人の印象は、
第一に、第二にたるみ
目が行くそうで、
「年齢や印象を判断している」という
研究結果があるそうです。

たるみ、口元のほうれい線を
ケアすることで
若々しい印象でいられるという事ですね!

自分でできる ほうれい線・たるみ対策!

加齢とともに、
お肌がたるむのはしょうがないと、
あきらめていませんか?

お顔は細かい筋肉が多く
良く動く場所。

筋肉が動くということは、
そこに老廃物がうまれるという事です。

何もしなければ、
老廃物や余分な水分は
お顔にたまり、
たるみやほうれい線につながります。

リフトアップに効果のあるセルフケア

ほうれい線・たるみ対策には
リフトアップに効果のある
セルフケアをおすすめします。

いくつかある中で、
今回ご紹介するのは、
東洋医学の「ツボ」です。

思いついた時に
すぐできて、
道具も要らない美容法。

試さない手はないですよね!

ほうれい線を薄くする巨髎(こりょう)

リフトアップのツボは

「巨髎(こりょう)」

場所はお顔の、黒目(瞳孔)の直下、
鼻翼から水平に線を引いて
交わるポイントです。

ここを指で押し上げます。
3秒かけて押し、
ゆっくりと指を離します。

これを5回程度繰り返します。

効能は、

「ほうれい線・顔のむくみ・たるみ
顔筋の緊張をゆるめる」です。

ツボを押すことで
刺激が脳に伝わり、
血流がアップすることが
近年の研究でわかってきています。

血流が良くなるという事は、
お肌に栄養が行き渡りやすくなるという事ですね!

顔全体のシワや、フェイスラインのたるみに顴髎(けんりょう)

お疲れ顔を改善するのが

顴髎(けんりょう)

場所は目尻からまっすぐ下に
頬骨下の凹んだところです。

ここを指で押し上げます。
巨髎(こりょう)と同じく、
3秒かけて押し、
ゆっくりと指を離します。

これを5回程度繰り返します。

効能は、

「たるみ・シワ・アゴの疲れ・
フェイスラインの引き締め」です。

この部分は左右差がある方も多いです。
いわゆる”歪み”です。

さらに、コリがある方は
痛いと感じる方もいると思います。

痛みがある場合には
無理をせず、
気持ちいい程度にしてくださいね。

コリがほぐれていくと
痛みはなくなっていきます。

さらに効果を求めるならインナー美容が欠かせません!

日々のセルフケアが
美容をキープしていくのは
間違いありませんが、
この効果をさらにアップするには、
インナー美容が欠かせません。

つまり、どんな食べ物を食べると
お顔を若々しく、キープできるか!?

さて、どんなものを食べると良いのでしょうか?

コラーゲンやヒアルロン酸などの
サプリメントが思い浮かびますか?

実は、この正解は
ひとそれぞれ違います。

なぜなら、人によって
体質は同じではないからです。

自分の体質を知るカギ!それが東洋医学のタイプ分け

テレビで日々紹介される
〇〇を食べるときれいになる!
便秘が解消する…
とにかく温めればよい!

それは一部のタイプの人には
効果があるかもしれません。

さて、あなたはどんなタイプでしょうか?

レ・クレイヤージュではそれをひも解く、
東洋医学の「「気・血・水(きけつすい)」について
メールレッスンを行っています。

ぜひ、登録してチェックしてみてくださいね!

メルマガ登録していただいた方は
特別に特典として、
レ・クレイヤージュの「リラックス小顔」メニューを
お得に体験していただけます。

【タイプ別!たるみ解消フェイシャルメールレッスン
【 8日間集中つや肌革命 】

「気・血・水(きけつすい)」と
たるみあげ美容について
無料でメールレッスンをしています。

8日間のメールレッスンは、
こちらよりご登録いただけます!
   ↓ ↓ ↓

ぜひ!ご登録ください♪

Follow me!

園田 恭子

大分県出身、横浜在住。夫と子供の4人家族です。
栄養士の学校卒業後、東洋医学や日本伝承の自然療法、マクロビオティックを学び、その知識をもとに健康食品会社で5000人以上をカウンセリング。
その中で人のカラダは栄養も大切だけれども自然との調和によって高い次元の健康につながり、そして美しさもその土台の上になりたつ事を実感しました。
さまざまな自然療法を実体験し、その中でも一番活躍しているのが「クレイ」です。クレイ美容はお肌を明るくトーンアップするだけでなく、むくみやしわ・シミにとても効果が高い美容法です。サロンでは、そんなクレイの魅力と東洋医学の知恵を掛け合わせて体の内側から、外側からのケアでキレイを加速させる根本的解決をご提案しています。