老け見えの原因は?リラックスほぐしで若返り♪

若く見られるポイントはフェイスライン!

ぱっと見た瞬間
若く見える人、老けて見える人。

その判断は、
第一に「髪」
次に「たるみ」が見られるのだそう。

シミやシワではなく、
たるみなんですね!

シミ・そばかすは年齢問わずある人にはある。
また、シワは笑いジワなどもありますから、
一概に年齢と結びつかないからでしょうか。

一方、たるみはラインとして
出てるものなので
一番にケアしておきたいところです。

年齢が出るのは顔の下半分

マスクをしている顔は
小顔に見え、
また若く見えませんか?

子供の顔と大人の顔の違いを見ると、
目から下の顔半分が
ずっと下に下がって長くなっていきます。

こちらは、子供から大人、老人へ
変化する動画ですが、
顔の下半分が長くなり広がっていきます。

顔の下半分のたるみ、ほうれい線ケアが
若く見えるためには必要です。

咬筋(こうきん)を緩めてエラはり防止

顔が長くなってしまう原因は
咬筋の緊張に一因があります。

咬筋とは、食べ物を噛むための
筋肉の事。

耳たぶの下の方にあります。

この咬筋が緊張することによって
お顔は引っ張られて、
エラはりになっていきます。

咬筋をゆるめるには耳たぶ回しを!

咬筋をゆるめるには、「耳たぶ回し」がおすすめです。

耳たぶをそっと持ち上げて、
ゆっくりと後ろ向きに回します。

ポイントは、え?というくらい
弱い力で回すことです。

リラックスしながら
緊張がほぐされていきます。

もともとは顎関節症を
解消するために歯科医の佐藤青児先生が
考案されたものですが、
小顔効果の他、
肩こりや首こりにも効果があるという
人気のエクササイズです。

道具もいらず
すぐにできるので
ぜひ!挑戦してみてくださいね。

小顔をキープするにはインナーケアも大事!

小顔の大敵、
たるみやほうれい線は
東洋医学の視点で見ると、
「気(き)」というエネルギーが関係しています。

目の位置、
口角の位置、
方の位置、
これらを高い位置にキープしているのは
「気(き)」です。

たるまないためには、
「気(き)」が不足しない事と、
「気(き)」がよく巡る事が大事です。

気の不足を防ぐには「ホクホクしたもの」を食べる事
たとえば、芋類やかぼちゃなども良いです。
ご飯をしっかり噛んで食べる事が大事です。

また、
気の巡りをよくするには
ストレスをためず、「香りのよいもの」を食べたり
アロマテラピーなどもおすすめです。

東洋医学からみた美容について
もっと詳しく知りたい!
そんな方は無料の8日間のメールレッスンがございます♪

ぜひ、登録してみてくださいね!

↓メルマガ登録はこちらから♪↓

【タイプ別!たるみ解消フェイシャルメールレッスン
【 8日間集中つや肌革命 】

「気・血・水(きけつすい)」と
たるみあげ美容について
無料でメールレッスンをしています。

8日間のメールレッスンは、
こちらよりご登録いただけます!
   ↓ ↓ ↓

ぜひ!ご登録ください♪

Follow me!

園田 恭子

大分県出身、横浜在住。夫と子供の4人家族です。
栄養士の学校卒業後、東洋医学や日本伝承の自然療法、マクロビオティックを学び、その知識をもとに健康食品会社で5000人以上をカウンセリング。
その中で人のカラダは栄養も大切だけれども自然との調和によって高い次元の健康につながり、そして美しさもその土台の上になりたつ事を実感しました。
さまざまな自然療法を実体験し、その中でも一番活躍しているのが「クレイ」です。クレイ美容はお肌を明るくトーンアップするだけでなく、むくみやしわ・シミにとても効果が高い美容法です。サロンでは、そんなクレイの魅力と東洋医学の知恵を掛け合わせて体の内側から、外側からのケアでキレイを加速させる根本的解決をご提案しています。