クレイの絆創膏(バンドエイド)で傷を早くきれいに!!

ちょっとした傷のストレス…”クレイの絆創膏”が大活躍!

ちょっとした傷でも
特に指先は神経が集中していて敏感ですし、
日常生活で良く使う部分なので
いつまでも痛みがあるとストレスですよね。

乾燥の季節だと、
ちょっとしたさかむけ(ささくれ)。
そこから細菌が入り炎症をおこすと
ピリッと痛くて、
とてもストレスです。

あるいは、
合わない靴をはいて
マメや靴ずれ。

傷口は小さくても
かなりのストレスですよね。

このストレスをクレイの絆創膏が救ってくれます♪

※クレイとは粘土の事で、
岩石が長い時をかけ風化したものです。

クレイって何?という方は
こちらの記事をどうぞ♪
▶クレイって何?なんでそんなに人気なの!?

とっても簡単♪クレイを乗せるだけの【クレイの絆創膏】

こういった小さな傷のトラブルだと、
ふつうは絆創膏(バンドエイド)を貼って
傷を保護しますよね。

これは、
他のものに傷がさわらないようにという目的が大きいと思いますが、
我が家ではこの絆創膏の代わりにクレイでケアしちゃいます。

クレイの絆創膏…何が良いかというと、

ずばり、この2点!!

  • 一時的に痛みが小さくなる場合が多い。
  • そして、傷口が早く治るのを助けてくれる。

このような緊急のトラブルで登場するのは
こちらのクレイペースト。

アロマフランス
クレイ&ハーブウォーターペースト!

ヨーロッパでは医療でも使用される
「グリーンイライト」という種類のクレイに
抗炎症作用のあるローズマリーのハーブウォーターが潤沢に使用されています!

先日、私は左手の薬指のさかむけが炎症してまして、
ほんのちょっとの傷なのに、
痛くて煩わしいです。

そこでクレイの絆創膏。

やり方は、いたって簡単!

傷口をサッと流水で流して
ティッシュで拭いたら
傷に直接、クレイを置きます。

 

はい!以上!!

クレイの絆創膏をもっと快適・便利に!!

クレイを傷に置いてそのままでもいいんですが
動くとクレイが他のものについたりするという難点があります。

ジッとしている暇はないという人は(私もそうですけどね)
それを回避するために、
上からティッシュやガーゼで覆います。

この時ビニール製のラップで覆うのはNG。
クレイは呼吸をしています。

ガーゼなどで覆ったら、
テープで止めます。

医療用のサージカルテープがあればそれで。
なければ、私はマスキングテープや
その辺にあるテープで止めちゃいます。

大変なことは何もありません。
それだけです。

↓ちなみにガーゼなどを止めるサージカルテープはこんな感じのものです。

だいたい30分くらい置いて
クレイを取り外して
水で流します。

また30分から1時間くらいして
同じように、クレイの絆創膏。

これを3~4回繰り返すのがおすすめです。

そうすると。
痛みも小さくなり、
さかむけも翌日には良くなっています。

あくまでも、
個人差はありますが、
我が家では子供のちょっとした打ち身やケガも
すぐにクレイの絆創膏をします。

子供たちも
痛みが引いて傷の治りが早いので
「泥ぺったんして~」と言ってきます。


これは、転んでアゴをすりむいた時…。
痛くてヒリヒリすると言って泣いていましたが
クレイの絆創膏で気持ちも落ち着きました。

痛みが引くとココロにも余裕が♪

前述のように、
我が家ではクレイペーストが
しょっちゅう登場します。
 
ケガをした時はもちろん、
普段の洗顔にも使用しますので
このクレイチューブの置き場は、
洗面所です。

ですので、
通常、美容のために使用しているものを
ケガというハプニングの時に
流用しているという訳です。

私自身、クレイで洗顔したり
クレイパックをよくするので、
最初は面白がったり、
びっくりしていた子供たちも、
今はフツーの光景に(笑)

そして、この泥ぺったんの
クレイの絆創膏を使うようになって、
子供たちはちょっと痛いところは
アピールしてくるように…(笑)

「もーしょうがないなぁ」と
クレイを塗ってあげると、
子供は痛みが引いて安心するようですし
良いコミュニケーションになっているなぁと感じています。

ママがお手当をしてくれる。
痛みがひく…。
その優しさと安心感。
それは何もクレイのケアに限ったことではないですね。

癒し合いで、
自然と笑顔もでますし、
好循環が生まれてくる。

私にとってはクレイペーストは
そんな暮らしのエッセンスになっています。

自宅に1本はクレイペースト!外出用は小さいものを

クレイはケガや、虫刺されヤケドなどの
急性のハプニングにも利用できますし、
慢性的なコリや体の不調を整えていくという目的でも
お肌を若々しく保つ美容目的でも利用できることから、日々の暮らしで幅広く利用できます。

我が家では、
クレイ洗顔やクレイの絆創膏には
チューブタイプのものを、
クレイ足湯や、肩こり腰痛ケアのクレイ湿布などには
クレイの粉末をペーストにして利用しています。

緊急時には、チューブタイプが
一番楽にすぐに使えますから、
まだクレイを持っていないという方には
チューブタイプがおすすめです。

大小ありますから、
大きな200gを自宅用、
小さい60gをキャンプなどの外出用で使用します。

一緒にガーゼやテープも持ってでかけると
急なタイミングでも安心♪

こちらより、ご購入いただけます♪
https://freshsoap.saleshop.jp/

クレイテラピーは
古くからあり伝承されてきた自然療法。

医療に使うものではありません。
 
今回は傷に使用することをご紹介しましたが、
症状によってはすぐに医療機関を受診した方が良い場合には
すみやかに病院に行ってくださいね。

Follow me!

園田 恭子

大分県出身、横浜在住。夫と子供の4人家族です。
栄養士の学校卒業後、東洋医学や日本伝承の自然療法、マクロビオティックを学び、その知識をもとに健康食品会社で5000人以上をカウンセリング。
その中で人のカラダは栄養も大切だけれども自然との調和によって高い次元の健康につながり、そして美しさもその土台の上になりたつ事を実感しました。
さまざまな自然療法を実体験し、その中でも一番活躍しているのが「クレイ」です。クレイ美容はお肌を明るくトーンアップするだけでなく、むくみやしわ・シミにとても効果が高い美容法です。サロンでは、そんなクレイの魅力と東洋医学の知恵を掛け合わせて体の内側から、外側からのケアでキレイを加速させる根本的解決をご提案しています。