クレイって何?なんでそんなに人気なの!?

クレイの人気はここ数年で上昇して
ドラッグストアなどでも
クレイを使用した商品が並ぶようになりました。

『クレイ』という言葉、最近よく見聞きする。
そんな方が増えたように思います。

今回は、
クレイとはなんぞや!?
もしくはクレイって初めて聞いた。
はたまたクレイってよく聞くけど何がそんなに良いの!?

そんな方への疑問にお答えします。

クレイっていったい何者?何が良いの?

クレイとは粘土のことです。

粘土といっても
図工や工作で使う
油粘土や紙ねんどのことではありません。

今回ご紹介する、クレイテラピー(粘土療法)で使うクレイ(粘土)は普段こんな粉末状です。

この粉末を水と合わせてペーストにします。

そのペーストを日常のちょっとしたすり傷や
日焼け、虫刺され、やけどやねんざなどに塗って使うと、
痛みがスッとひいたり、
傷が早く治ったり、
腫れて膿ができていたところがきれいになったり、
そんな体験をする方が多くいらっしゃいます。

私自身2週間治らなかったケガが、
たった1日で驚くほど回復し、
クレイテラピーの魅力にひきつけられていきました。

※こちらは、日焼けでヒリヒリした時に
クレイペーストを塗った写真です。

こちらの日焼けのヒリヒリも
数回クレイペーストのパックをしたら
とても落ち着き、
キレイに回復しました。

一体クレイで、
なぜそんなことが起こるのか…?

それはクレイが「電気的に不安定」な構造だから!!

その事によって体内の不要なものを排出しやすくなるのです。

…と言っても、ちょっとわかりにくいですよね。

ですが、今はそれだけを知っていただければOKです。
後ほどご説明しますね!

クレイってどうやってできてるの?

クレイの誕生の歴史は
地球誕生した46億年前ともいわれる
遥か遠い昔から始まります。

地球上に激しい火山活動が繰り返されていた時代。

そこでできた溶岩や火山灰が
長い年月をかけ、
雨にさらされ、大気にさらされ
太陽熱や地熱、
はたまた、地殻変動などの巨大な圧力を受け、
様々な刺激を受けながら変化し
ほんと~に小さな2ミクロン以下の
微粒子に変化したもの。

それがクレイです。

私たちのような人間や、
動物や植物よりはるかに昔から地球上に存在するんですね。

このながーーーい時間をかけて
作られたものが
私たちは手にすることができ、
その恩恵を受けてるって
なんだか、すごくないですか!?

この溶岩が風化して
クレイができるまでの過程の中で、
クレイの構造は電気的に不安定状態、
つまりマイナスイオンをたくさん持つようになります。

これが、
クレイが働く大きなポイントです。

いつも誰かとくっつきたい!それがクレイが働く正体!

クレイは電子的に不安定とお伝えしました。

不安定だからこそ、
安定を求めて動くんです。

大気汚染・農薬など、
体内の老廃物や有害物質は
プラスの電気を帯びていることが多いです。

これら、プラスの電気は
マイナスの電気に引き寄せられていくんですね。

このことによって、
体から不要なものを
排出しやすくしてくれるんですね。

ですから、
クレイテラピーは
「引き算」の健康法とも言われます。

不要なものがなくなると、
体はスムーズに回復作業ができますし、
さらに、クレイは
プラスのミネラルイオンを持っていて、
不要なプラスイオンと交換することも
傷や炎症をスピーディに治していくということに結びついているんですね。

現代人は、大気汚染、農薬、食品添加物、
さらにPCやスマホなどの電磁波の嵐。
たくさんの要らないものに取り囲まれて生活しています。

現代病といわれる
アレルギーや精神疾患
イライラ…

これらは、身体に不要なものをためすぎた結果起こるとも言われています。

ゆえに、不要なものを取り出しやすくしてくれる
クレイの働きは現代において人気の理由となっています。

クレイの定義とは?

どういった土をクレイ(粘土)と呼ぶのか、
その定義は以下の通りです。

粘土質の土に水を加え
こねていくと、
粘性(ねばり)がでて、
形がキープされます。

この形がキープされることを
可塑性(かそせい)があるといいますが、
これはクレイ(粘土)の特徴の一つ。

そして、形作られたものを、
高温で焼くと固まります。
これもクレイ(粘土)の性質です。

粒子のサイズは2ミクロン以下

その構造は層状の結晶です。

マイナスイオンを多く持つことから
吸着性と吸収性があります。

せっかく使うなら良いクレイを選んで!

クレイは岩石が風化によって細かく細かく、
目には見えないほどの粒子になっていくわけですが、
地中ではまだクレイになり切れていないものもあります。

ですから、天然の状態において
まるまる100%クレイということはあり得ません。

ホームケアで使うクレイは
できるだけ粘土の割合の多いものを使用することをおすすめします。

その商品の中にどれくらいクレイが含まれるかは
各メーカーのホームページなどで
公表されているものでご確認ください。

良いクレイを選ぶポイントとしては、

  • 天然のもので純度の高いもの
  • 科学的処理がされていないもの
  • 汚染された土地で採掘されていないもの
  • 分析表が確認できるもの
  • 粒子が細かいもの

また、使用する際には
絶対に無理をしないことです。

クレイで老廃物を出す。
いわゆるデトックスにも
エネルギーが必要です。

疲れすぎている時にクレイを使用して
ヘトヘトで動けなくなったという例もありますので、
少しずつ家庭で使用して、
クレイとの付き合い方を判断していくことをおすすめします。

Follow me!

園田 恭子

大分県出身、横浜在住。夫と子供の4人家族です。
栄養士の学校卒業後、東洋医学や日本伝承の自然療法、マクロビオティックを学び、その知識をもとに健康食品会社で5000人以上をカウンセリング。
その中で人のカラダは栄養も大切だけれども自然との調和によって高い次元の健康につながり、そして美しさもその土台の上になりたつ事を実感しました。
さまざまな自然療法を実体験し、その中でも一番活躍しているのが「クレイ」です。クレイ美容はお肌を明るくトーンアップするだけでなく、むくみやしわ・シミにとても効果が高い美容法です。サロンでは、そんなクレイの魅力と東洋医学の知恵を掛け合わせて体の内側から、外側からのケアでキレイを加速させる根本的解決をご提案しています。