年を取ると男っぽい「おじさん顔」になるのはなぜ!?大人可愛い小顔の秘訣とは。

”おじさん”のような男顔になるのはなぜでしょう

昔はアゴのラインが引き締まって
キュッとして可愛らしい顔立ちだったのに、
年齢を重ねるとともに
ショーウインドウに映る顔が「おじさん?」
と感じる方も多いのではないでしょうか?

今日はその謎に迫ります!

逆三角やたまご型から「四角」に変わる顔の形

年齢とともに、顔の形は確実に変化していきます。
特に顔の下半分。

肌のハリが失われ、
特に口の周りのほうれい線が目立ってきます。

顔の形も
若いころはあご先がキュッとでて
逆三角形やたまご型だったフェイスライン。

この図は三角タイプ、たまご型タイプのイラストです。


年齢とともに、
お顔の筋肉、骨格、老廃物のたまり
または、お肌自体のハリが失われることで
たるんできます。

お顔の印象は「四角」または「三角」と
変化していきます。


どうでしょうか?
下のイラストの方が男性的な印象が強くなります。

また、お顔のラインが
骨格、筋肉、老廃物の影響でデコボコとしてくることで
本来の女性らしい
「つるっと丸い」「すべすべ」といった印象が
失われてくるのです。

同じ年齢なのに老けて見えるポイントとは?

同窓会ですごく若く見える人と
老けて見える人っていますよね。

40代を超えてくると、
若々しさに格段の差がついてきます。

その老け見えポイントとは、
やはり”しわ”や”たるみ”などの
● フェイスラインの印象
そして、
● 髪にツヤがあるか?
● 姿勢が美しいか?

この3点にあります。

お顔のお手入れを一生懸命していても、
髪がパサパサしていたり、
肩や首がこっていて、背中から丸くなっていたりすると、
とたんに、年齢より老けた印象に見えるんですね。

どんなケアをしていけば
同窓会でも若見えする
大人可愛いつるっとした小顔がつくれるのでしょうか!?

東洋医学の力を借りて潤い女子に!

中医学、漢方などの東洋医学の世界で、
老化に関係する臓器といえば
「腎(じん)」です。

この「腎(じん)」のチカラが弱まると
女性らしさを司る
ホルモンバランスが崩れたり、
髪の潤いが失われたり。

女性ホルモンの崩れは
お肌はカサカサ、
髪はパサパサの老け見えの原因にもなります。

また、耳が遠くなる、骨がもろくなる
トイレのトラブルや、むくみやすくなるなどなど…。
老化にともなう現象が現れやすくなります。


※東洋医学で言う「腎(じん)」は、
腎臓と全く同じではありませんが、働きとしては近いものです。

この「腎(じん)」のチカラを
助けてくれる食べ物と言えば!
ズバリ”黒い食材”です。

・黒ゴマ
・黒きくらげ
・昆布やわかめなどの海藻類
・黒米

この他にも黒くはありませんが、
クコの実や松の実、クルミなども
アンチエイジングにとてもおすすめです。

また、腎(じん)は温めると活性化するので
腎臓近くの腰のあたりは冷やさない事。
そして早く寝るなどの生活面にも気を付けます。

四角い男顔を女性らしいなめらか小顔にする方法

お顔が四角くなる原因の一つに、
咬筋(こうきん)という食べ物を噛んだり、くいしばったりするための筋肉のコリがあります。

この筋肉がこって緊張すると
お顔を外側へ引っ張ってしまいます。。

本来、丸く女らしい曲線が
引っ張られることで、デコボコとしてきたり
平ぺったくなる。

そうすると顔は大きく見えるというわけですね。

この咬筋をゆるめて、
緊張をほぐしていくことで
立体的で若々しいお顔にしていきます。

おすすめのセルフケアは
耳たぶを弱い力でクルクルと回す「耳たぶまわし」

歯科医の佐藤先生が考案した
”さとう式リンパケア”というセルフケアです。

とても簡単ですので、
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

できれば、
スマホで自分の顔を自撮りして
セルフケアの前後で見比べてみてください。

ゆるタッチの小顔トリートメントで女性らしい小顔に!

サロンでは、ゆる~く優しいタッチによって
咬筋をゆるめるのはもちろん、
お顔のむくみを流し、筋肉をプリッと整え
骨格を動かしていき、
お顔を若いころの本来の位置に持っていきやすくします。

ほうれい線やたるみが目立ち
お顔の印象が老けてきたなぁと感じる方や
二重アゴが気になる。
ほお骨やエラが気になる。

そんなお悩みの方に多く利用していただいています。

施術のポイントは
「ゆる~いタッチ」

骨格に対しても
気持ち良い圧でアプローチ。

全ての施術が心地よく、
ほとんどの方は眠ってしまいます。


強い圧でギューギュー押す小顔矯正もありますが、
痛みを感じるほどの圧は
脳の中では、危険を感じ
早く元に戻ろうとしていまいます。

ゆるタッチの心地よい圧で、
脳が気持ち良いと感じる
幸せな表情へ導いてくれます。

さらに、ご希望の方には
クレイ(粘土)を利用した
フェイシャルパックもオプションで追加していただけます。

こちらは、小顔に導くだけでなく
お肌の表面の汚れを取り、血流をよくしてむくみを流し、
つるつるピカピカに仕上げます。

女性らしい小顔は
お肌の滑らかさが大切なポイントです。

女性らしい小顔を目指して
サロンを利用していただき、
2~3回に1回はこのクレイをつかったフェイシャルトリートメントで
スペシャルケアをおすすめしています。

ぜひ一度、体験してみてくださいね♪

Follow me!

園田 恭子

大分県出身、横浜在住。夫と子供の4人家族です。
栄養士の学校卒業後、東洋医学や日本伝承の自然療法、マクロビオティックを学び、その知識をもとに健康食品会社で5000人以上をカウンセリング。
その中で人のカラダは栄養も大切だけれども自然との調和によって高い次元の健康につながり、そして美しさもその土台の上になりたつ事を実感しました。
さまざまな自然療法を実体験し、その中でも一番活躍しているのが「クレイ」です。クレイ美容はお肌を明るくトーンアップするだけでなく、むくみやしわ・シミにとても効果が高い美容法です。サロンでは、そんなクレイの魅力と東洋医学の知恵を掛け合わせて体の内側から、外側からのケアでキレイを加速させる根本的解決をご提案しています。